プロミスの振込先と同じ銀行口座を持つ理由

プロミスを利用するなら振込先と同じ銀行口座をもつべし

借入をするときに初心者が間違いやすいことというのはいくつかありますが、間違ったとしても信用に傷がつかないとか損をしないというものであればそこまで大きな影響はないと思います。返済が遅れてしまって延滞になり、信用に傷がついたとかそういうことは絶対にやらないようにしなければなりませんし、損をするような金利で契約するなどもできるだけ避けたいところです。

損という意味では銀行口座の問題があります。これは返済をしっかりと行うために必要なのですが、その時にどこでもいいから銀行口座があればOKというわけではありません。返済することはそれでも可能ですけれども、その際に手数料がかかってしまうのです。それはプロミスのような大きな消費者金融でも同じで、手数料というのは返済する側の負担になってしまいます。

例えばプロミスでは返済の振込先というのが決まっています。ここが振込先ですと書かれている銀行口座と同じ銀行の口座を持っていれば、まず間違いなく手数料などを少なくすることができるんですけれども、違う銀行口座を持っていれば手数料を払わないといけません。ネットバンクなどを利用しても同じでしょう。ですからプロミスの振込先と同じ銀行口座を持っておく必要があるのです。そしてそこにある程度のお金を入れておく必要があるでしょう。

もちろん返済方法は何も振り込みだけではありません。むしろATMでの返済などが中心の人も多いでしょう。しかしATMによる時間がないときや、家の中で済ませたいという時などにはネットバンキングができるプロミスと同じ振込先の口座を持っていれば、すぐにお金を振り込むことができます。帰宅してから返済しないといけないことに気づいても問題なく返済することができるのは大きなメリットといえるでしょう。

ATMを中心に使う人のほうが今は多いと思いますが、それでも同じ銀行口座を持っておくというのは非常に便利ですし、リスクを減らすことができます。いろいろな方法で返済できて、しかも手数料を省くことができる方が、利用している側としてもいいことなのですから。